「金魚絵師 深堀隆介展 ~平成しんちう屋~」

スポンサーリンク

金魚絵師・深堀隆介展 ~平成しんちう屋~を見に愛知県の刈谷市美術館に行ってきました。

深堀さんは透明樹脂にアクリル絵具で金魚を描くという独自の斬新な手法で注目を集める若手の現代美術家です。

テレビ番組でこの方の作品を見たときにまるで金魚が生きているようで「すご~い!」と感動して、1度本物を見てみたかったんですよね。

人気の展覧会のようで、平日にも関わらずたくさんの方が見に来ていました。

ロビーや初公開の『平成しんちう屋』のコーナーは写真撮影がオーケーだったので、色々と撮らせていただきました!

金魚の絵もあります

平成しんちう屋のコーナー

袋に見えますが、全て樹脂製です

袋のしわがリアル!

3匹の金魚がゆらゆら

熱い視線が…

どれも立体物を樹脂に沈めたように見えますが、器に樹脂を流し込みその表面にアクリル絵具で金魚を少しずつ部分的に描いていき、さらにその上から樹脂を重ねる技法が使われています。

その作業を繰り返すことで生まれるこの生き生きとした圧倒的な立体感!

実際目の前で見てもどれも本物の金魚にしか見えません。

見た目にも鮮やか!

今にも網から逃げ出しそうな金魚たち

まるで金魚屋さん

水の動きもリアルに再現!

あ、金魚のフンもある~

初期の作品はまだ平面的で絵を描いているんだな~とわかりましたが、最近の作品になるともう本物の金魚と区別がつきません…。

桝や器に金魚がいる作品が有名なのですが、そちらは写真NGなのでちょっと残念。

その作品をソッとテーブルに置いておけばきっと誰もがビックリすると思います。

美術系にはうとい私とおはぎ先生ですが、この展覧会はすごく楽しめました♪

スポンサーリンク
ランキングに参加しています♪
下のバナーで応援クリックを頂けると更新の励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村