「熱中症の予防と対策」

スポンサーリンク

連日35度を超える猛暑日が続いています。

こう暑いと心配なのが熱中症ですね。

外出している時だけでなく、室内にいる時やプールや海にいる時も注意が必要です。

新聞に掲載されていた熱中症の予防と対策のリストをまとめてみたので、参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

日常生活での予防

暑さに慣れてくると油断しがちですが、まず大切なのは日常生活での予防ですね。

●無理をせず、適度に休憩する

●自分の体力を過信しない

●我慢せずにエアコンや扇風機を利用する(特に就寝時)

●室内温度をこまめに確認する

●日陰を選んで歩き、涼しい場所に避難する

●昼間の不要な外出はなるべく避ける

●喉が渇かなくてもこまめに水分をとる

●アルコール類で水分補給をしない

●汗をかいたら飴やタブレットで塩分を補給する

●ゆったりとした風通しのいい服装にする

●冷却グッズを利用する

●外出時は日傘や帽子を身につける

●汗をうちわであおぎ乾かす

異常を感じたときの対策

熱中症にかかると初期症状で目まいや大量の発汗中度で体のだるさや頭痛や吐き気などの症状が出ます。

重度になると手足の筋肉のけいれん高体温、会話が成り立たず意識障害が起きます。

意識障害などで本人が水分をうまく飲めない場合は、水分が気道に入ってしまう恐れがあるので無理に飲ませないようにします

●すぐに日陰や涼しい場所に移動する

●衣服のきついベルトなどを緩めて風通しを良くする

●スポーツドリンクや経口補水液など水分と塩分が補えるものを飲む

●露出した肌に濡れたタオルやハンカチを当ててあおぐ

●首(両サイド)や太ももの付け根、脇の下に冷水や氷を当てて血液を冷やす

●会話ができないなどの場合はすぐに医療機関を受診する

●ためらわずに救急車を呼ぶなど周囲に助けを求める

誰でも熱中症になる可能性があります

熱中症は体温調節が苦手な子供や高齢者の方がなりやすいと言いますが、この暑さだと誰でも熱中症にかかる可能性があります。

私も暑さには強いと思っているのですが、体力の過信は危険ですね!

昔よりも気温が高くなっているので、外でも室内でも無理をせずしっかりと熱中症対策をしましょう!

熱中症予防に!手作りスポーツドリンクの記事はこちら

スポンサーリンク
ランキングに参加しています♪
下のバナーで応援クリックを頂けると更新の励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村