「幸せを呼ぶ?双子の卵・二黄卵」

スポンサーリンク

普段行かないスーパーに行ったときに、おはぎ先生が「これ買う~」となんだかおもしろい卵を持ってきました。

幸せを呼ぶ卵 ほとんど二黄卵』と書かれたその卵は、約200個に1個のかなり珍しい二黄卵の卵だそう。

ほとんど』という文字が少し気になりますが、さっそくレッツクッキング!

目玉焼きを作ろうと割ってみると…。

あ!雪だるまみたいになってる!

確かに黄身がふたつの二黄卵!!

わかっていてもなんだかラッキーな気持ちになってうれしいものです。

ハーブソルトを振って食パンにのせてみるとこんな感じです。

なんだかかわいらしい~

ちなみに食パンは竹炭パウダー入りで、盛大に焦げ散らかした訳ではありませんのでご心配なく。

黄身がふたつあると食べていてもなんだかお得感がありますね!

ゆで卵にするとますます雪だるまチックになりましたよ。

ちょっとへしゃいだ雪だるま

2人で盛り上がりながら食べていたのですが、6個入りだったのであっという間に減っていきました。

最後の一個はおはぎ先生に譲ってあげますかね、と上から目線で大きめの卵を置いておきました。

するとなんとラストでまさかの『ほとんど』から外れた黄身が一つだけの卵が!

ブログ用に話を盛ったと思われそうですが、嘘のような本当の話なのです。

最後にしっかりとオチを付けてくれるあたり、大阪人にはピッタリの二黄卵なのでした。

スポンサーリンク
ランキングに参加しています♪
下のバナーで応援クリックを頂けると更新の励みになります♪
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村