「ポテト料理、山のように作りすぎる問題」

スポンサーリンク

最近は調子が良かったのに、ちょっと油断するとブログの更新が滞ってしまいます。
そんな時は姉から「またサボってんちゃうか」と脅し…、激励がきます。
サボってる訳じゃないんですけど~。

まぁ、私は自分に甘いのでこうして言ってくれる存在も必要なのです(←フォロー)。
ちなみに誤字脱字やおかしな表現に関しては母と姉のダブルでチェックが入ります。
自分でもチェックはしているのですが、やっぱり第三者の目は頼りになりますね。

さて、サボっていたと言われる間も父から届いた野菜で料理を作ったりとセッセと動いてはいたのですよ。

ジャガイモがたくさん届いたのでポテト料理を作ったのですが、毎回モリモリと山のような量ができてしまいます。

ジャガイモを切る前は「足りるかしら?」と思うのですが、切って茹でてつぶしてとしている間にアレヨアレヨと増殖(?)していきます。
ちょっと前もボウルいっぱいのポテトサラダを作って必死で食べたのにまたやってしまいました。

ズド~ン

マッシュポテトにホワイトソースとミートソースをかけて上にチーズをのせて焼いたものです。
この写真だと大きさがわかりにくいので普通のグラタン皿と比べてみましょう。

またやっちゃった

普通のグラタン皿の4倍以上はあるでしょうか。
これをおはぎ先生と2人で食べるのです。

別に変なものは入れていないので味はオーケーなのですが、下がマッシュポテトなので食感があまりない…。
そして流動感にあふれているのでお皿に取るとデロ~ンとだれてしまいました。

それでもセッセと食べ進める2人。
さすがに1日では無理だったので2日に分けて無事に完食です。

ポテト料理はいつも山のように作ってしまうのになぜ学習しないのかが自分でも謎です。
でも料理が足りないと寂しい気がするので、たくさんあった方がいいかもとこれからもモリモリポテト料理を作っていくことを決めたのでした。

スポンサーリンク