「ケンミンの焼きビーフンを食す」

スポンサーリンク

今日は海の日で世間は3連休ですね。
おはぎ先生があまり祝日が関係ない職場なので祝日にはすっかり疎くなりました。

爽やかな夏の日に「海の日がなんだ!」とブーブー言いながらおはぎ先生は仕事に向かいましたとさ。

さて最近テレビ番組で見かけて無性に食べたくなったものがありました。
お腹がすいている時に見たのでよけいにおいしそうに見えたんですよね~。

ピーマン入れんといてや~

「ピーマン入れんといてや~」のCMでおなじみのケンミンの焼きビーフンです。
あのCMなので関西の会社だろうなと思っていたら神戸の会社でした。

たまに母が焼きビーフンを食べていた記憶はあるのですが、自分で買うのは実は初めてかも。
1袋100円ちょっとと庶民の味方プライスです。

レンジでもできるみたいですが、やっぱり炒めたほうがおいしそうなので炒め方式で作ってみました。

洗うのがラクなので玉子焼き器を使用

豚肉、ビーフン、キャベツ、エリンギの順番で重ねていきます。
そこに水を入れて蓋をして3分加熱した後に、水分を飛ばしながら炒めればオーケー!
焼きビーフンは麺自体に鶏だし醤油の味が付いているので味付けはしなくても大丈夫です。

アッという間に完成~

「本当に味が付いているのかしら?」と疑っていましたが、けっこうしっかりと味が付いていました。
濃い目が好きな方は醤油や塩コショウを足してもいいかもしれませんね。

そして袋から出したときはけっこう小さかったので「足りるかしら?」と食いしん坊な私は心配しましたが、こちらも水分を吸収してなかなかのボリュームになりました。

鶏だし醤油とお米でできたビーフンはとてもアッサリとしていて、暑さにうだる夏にもおいしくいただけます。

神戸にはあんかけ焼きビーフンなどが食べられるケンミンのレストランもあるようなのでぜひ行ってみたいですね!

ケンミンのサイトでは色々なレシピも紹介されているので気になる方はこちらもチェックしてみてくださいね♪

☆ケンミン食品株式会社

スポンサーリンク